ヴァルライン・ゼロ

ヴァルライン・ゼロ

ヴァルライン・ゼロ

ホビージャパンのオリジナルブランド「HJモデラーズ」発の
新規オリジナルロボ「ヴァルライン・ゼロ」。

新鋭デザイナー・あまとき氏とプロモデラー・セイラマスオ氏の
タッグによって誕生したこのヴァルライン・ゼロの
ファーストフェイズ「レジンキット化計画」により誕生したのが、
この「1/144 VAX-00 ヴァルラインゼロ[3Dリマスターワークスモデル]」である。

デザインは3Dモデリングで作成され、そのデータをもとに
アクリル樹脂にて3Dプリントしたため、寸分違わぬ完璧な仕上がりとなっており、
まさに「3Dマスターワークスモデル」の名に相応しいものとなっている。

STAFF COMMENT スタッフコメント

メカニックデザイン&立体試作データデザイン あまとき

今回「ヴァルライン・ゼロ」のデザインを担当致しました、あまときと申します。

2019年2月頃にホビージャパン様より「オリジナルロボで企画を考えている」というお話があり、協力させていただきました。

ご依頼内容が「王道」ということだったので、そういう意味では非常にスタンダードな格好よさを持ったロボになったのではないかな、と思います。

また、ディテールに関してはセイラマスオさんの協力のもと、いくつか提示されたパターン案を取り入れさせていただいたことで、全体の印象が引き締まってとても良いデザインに仕上げることが出来ました。まさに夢のようなコラボでした…!

多種多様なロボットたちが存在する世界に生まれたこの「ヴァルライン・ゼロ」が、誰かの心に響いてくれたらとても嬉しい限りです。

ディテールコーディネイト セイラマスオ

今回「ディテールコーディネイト」という肩書でこの夢の企画に参加させていただきましたセイラマスオです。

具体的には「機体各部のディテールパターンを提案する」というところでの参加なのですが、いつもは模型でやっているディテールの追加工作を、イラストという2Dの世界で行うという体験はなかなか新鮮で貴重な体験となりました。

実際に無節操に提案した数パターンのディテールから取捨選択してディテールをまとめ上げたのはデザイナーのあまときさんですが、出来あがった設定画に私の考えたディテールが採用されているのを見るとやはり感慨深いものがありますねぇ…。

この「ヴァルライン」という機体が多くの人に知られ、愛される存在となってくれるであろうことを期待しております。

企画・原案:
ホビージャパンモデラーズ

メカニックデザイン&立体試作データデザイン:
あまとき/
ディテールコーディネイト:
セイラマスオ/
立体試作フィニッシュワーク:
JUNIII

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 受注、発送業務のみ

【同梱種別】と表記のある商品の発送タイミングについて
ご注文日の翌平日が最短の出荷日となります。ご注意ください。

ページトップへ