【5月予約】フライホーク 1/700 WW.II イギリス海軍 艦載機セット 3 スケールモデル FLYFH1171

価格: ¥3,080 (税込)
[ポイント還元 31ポイント~]
予約期間: 2021年04月08日15時00分~
2021年04月21日23時59分
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

セット内容
・フェアリーバラクーダ6機
・フェアリーアルバコア6機
・F4Uコルセア6機
・デカール1枚
・エッチングパーツ1枚
主翼折り畳み選択可能
ボーナスパーツとして魚雷が付属します。

フェアリーバラクーダは、フェアリー・アビエーション社で生産された艦上雷撃機です。
フェアリーアルバコアに代わる形で部隊配備され、部隊配備後は主に北大西洋の哨戒任務に就いています。
また、タングステン作戦において、ドイツ海軍戦艦ティルピッツに対して急降下爆撃を行い、14発の直撃弾を与え2ヶ月以上行動不能にする戦果を上げています。
TBFアヴェンジャーと順次交代されていきましたが、1950年代中期まで運用されました。

フェアリーアルバコアは1939年から1943年にかけて、フェアリー・アビエーション社で生産された複葉艦上雷撃機です。
ドイツの船舶攻撃や船団哨戒機として運用されています。
アルバコアは複葉機でありながら密閉された風防を持っている等、ソードフィッシュに比べて近代化されていましたが性能面ではソードフィッシュと大差なく、運動性能や操縦性ではソードフィッシュの方が優れていました。
この為、ソードフィッシュを好むパイロットが多かったようです。
1943年にはバラクーダに機種変更されていきます。

アメリカのチャンス・ヴォート社が開発して、アメリカ海軍と海兵隊が運用したレシプロ単発単座戦闘機です。
第二次世界大戦時にイギリス海軍に供与され、1943年時点で航空母艦イラストリアスで運用されていました。
艦載機運用をする上で、アメリカ海軍で問題とされていた着艦時の視界不良を、イギリス海軍では左旋回しつつ着艦寸前まで視界を確保しながらのアプローチを行い、視界不良を緩和させて運用していました。


スケール:1/700
形態:スケールモデル
メーカー型番:flyfh1171
商品コード:

▼商品登録日:2021年04月08日

【ご注文前に必ずお読みください】ご予約商品の注意事項
・こちらの商品は発売前予約商品になります。商品が発売してからのお届けとなります。
・商品流通の性質上、ご注文後のキャンセルはお受けできません。よくご確認いただいてからご予約下さい。
・発売日はあくまで予定です。商品流通の性質上発売予定日を大幅に過ぎる事がございます。
・ご注文の前に必ずご予約注文についての注意事項をお読みください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 受注、発送業務のみ

【同梱種別】と表記のある商品の発送タイミングについて
ご注文日の翌平日が最短の出荷日となります。ご注意ください。

ページトップへ