ハセガワ 1/48 AH-64D アパッチロングボウ “陸上自衛隊” スケールモデル PT42

価格: ¥2,992 (税込)
[ポイント還元 30ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

AH-64Dアパッチロングボウは、アメリカ陸軍の発達型攻撃ヘリコプター(AAH)計画に沿って開発、採用された全天候型攻撃ヘリコプターAH-64Aアパッチの発展型で、レーダー装備型をAH-64Dアパッチロングボウ、レーダーを装備しない型をAH-64Cと呼びましたが、1993年末、AH-64Cの呼称が廃止され、レーダー装備ある、なしに関わらず、AH-64Dアパッチロングボウと呼ばれることになりました。


搭載センサー類で最大の特徴は主ローターマスト頂部に取り付けられたロングボウ・レーダーとも呼ばれている火器管制レーダー(FCR)で、目標の探知、識別、攻撃目標の自動選択が行われ、統合化されたシステム管理により、戦闘時においての、優れた統制能力を有する新世代の攻撃ヘリコプターです。


陸上自衛隊は、AH-1Sの後継機としてAH-64Dアパッチロングボウの導入を決定しました。

2004年12月15日、アメリカのアリゾナ州メサで初飛行を行った陸上自衛隊向けの1号機はその後1年間各種テストを行った後、2005年12月18日に宇都宮の富士重工に搬入され再組立が行われました。

この際に陸上自衛隊仕様の装備も行われています。


陸上自衛隊のAH-64Dは、1号機、2号機はアメリカのボーイング社で製造されましたが、以降の機体は富士重工が半分程度をライセンス生産する予定です。

2006年3月16日1号機は陸上自衛隊明野駐屯地にフェリーを行いました。

今後明野で各種試験、点検が行われ実戦配備へと進んでいきます。


※2009年3月発売当時の情報です。


《データ》
乗員:2名
主ローター:14.63m
胴体長:15.47m
最大高(FCR上端まで):4.95m
最大離陸重量:8,006kg
エンジン:ジェネラル
追加プラ部品
アンテナ
センサー
前席用ディスプレイ部品
スティンガー空対空ミサイルランチャー部品
デカール(マーキング)
陸上自衛隊所属機「74501」「74502」「74503」「74504」
スケール:1/48
形態:スケールモデル
メーカー型番:pt42
商品コード:4967834072428

▽商品登録日:2020年09月15日

スケール:1/48
形態:スケールモデル
メーカー型番:pt42
商品コード:4967834072428

▼商品登録日:2022年06月09日

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 受注、発送業務のみ

『受注、発送業務のみ(黄色字)』で指定されている日は「倉庫からの発送商品」と「書籍」、「お取寄せ商品」の発送とご注文確認のお返事に関しては対象外となります。
詳しくは各商品ページをご確認ください。

ページトップへ